ペヤング ソースやきそば【まるか食品】

まるか食品
スポンサーリンク

14337969471022
まってたよー
ぺヤング

カップ焼きそばと言えば私の場合はこれでした。

毒蝮三太夫さん、じゃなかった桂文楽さんの四角い顔とにこっとした満面の笑顔

あのCM 懐かしいな~

14337969526233
超大盛りは残念ながらまだ再開しません。
14337969584154
このサイズで544キロは騙しかって思うほど多いです。

逆にがっつり食べたい人には魅力的

14337969631555
カロリーがおおいのは油揚げ麺かな~

そっか、あの特徴のあるお肉は味付け鶏ひき肉だったんですな。

14337969684376
今回再開に際して新しくなったパッケージ

外側のシールに直接ぺヤングのロゴが入るんですね。

以前は容器自体についてたんですけど。

14337969726897
湯切り口がついたのも新しくなったところ。
14337969781558
こういうの見てしまうと、あの容器の角にある縦長の穴を良いしょって開けてそこから湯切りするタイプが懐かしくなります。

お湯入れスタンバイ
14337969832339
かやくとふりかけ、ソースの3点セットは健在。

そうそう。こんなだったよな~

お湯入れは俺も食べたいってやる気満々の息子に頼む。
14337969889600
すぐに麺がお湯を吸い取りに行ってますね。

さ~早く蓋締めないと
14337969939881

おや、なんか、角の剥がすところの伸びたやつ
14337969992662
何回様に長いな~

これも、剥がしやすい工夫だろうか。

もちろんソースは蓋の上で温めますよ~(ついでにふりかけも)

この3分が待ち遠しい

パッケージとか再開に際していろいろ変わりましたが、
やはり、味は変わってほしくない。

これがファンの願いですよね。

って、どんな味だったか具体的に思い出せないんですけど。

さて、3分経過

湯切り口をはがしに行きます。
14337970041253

するっと剥がせました。
14337970094724
いや~実に自然です。

お湯をすっかり出した後の湯切り口。

この隙間から麺がしっかり見えてます。
14337970144165

以前だとプラスチックの湯切り穴でしたが。

あれだと、よく麺の一本二本がチョロッとはみ出したりするんですけど、
今回リニューアルしたのは穴が細いのか、麺がはみ出す余地がなさそうです。

ふたを空けると綺麗に麺とかやくのすみわけがされてましたw
14337970195666

ここでゆっくりしてる暇はありません。

息子に早く早くとソースをかけさせます。
14337970242587

やけにソースの色が濃い感じ・・・・
14337970304618

麺が白いので余計に目立つ。

さらに、こしょう?みたいなのもパラパラ
14337970361039

最後は胡麻で完了。
14337970418330

一気に以前食べた時とかぶって食欲がどんどんわいてきました。

息子のお手伝いも佳境に
14337970482351

最後のひと仕事です。

うぉぉ~!
14337970536652
すごい勢いでかき混ぜてる~

混ざりました。
14337970601593

容器の周囲にふりかけとか散ってるのがきちゃないのはご容赦w

さて早速試食
14337970654624

どれどれ~
14337970720345

ずーずー

うんめ~(* ̄ー ̄)

そうそう、この味

変わらないな~

麺のしこしこした感じ

かやくのキャベツのコリッとした触感。

かやくの肉の味がギュッとしまった感じとか

シンプルな中にもオリジナルがしっかり感じられます。

息子も食べ始めた。
14337970781146

ふたりで食べるんで一気に減るのが分かります。

この最後の容器のはじにある麺の切れ端とか、
かやくの残りとか
14337970834567
これを一個一個丁寧に全部食べるのがまたよかったり。

あ~ またぺヤングこれからも食べれるのね~

カロリー高いんでちょくちょくはNGですが、
安心とワクワク感と

なんか幸せだな~

コメント